トップへ戻る

内もも すき間

太もも痩せ 筋肉太り セルライト むくみ 骨盤矯正

内もも痩せしてすき間が欲しい 太もも内側の内転筋を鍛えると◎

このエントリーをはてなブックマークに追加   

内もも痩せ

 

内ももにすき間がない、むっちり太ももに悩んでいませんか?

 

イスに座ると、内もものお肉が邪魔して、ひざが開いて恥ずかしい…
ビキニの水着が着たくても、パレオで隠さないと自信が無い…

 

太ももにすき間ができるくらい細くなりたいなぁ…と思いますよね。

 

内ももにすき間があると、それだけで脚が細くみえるもの。

 

反対に、太ももがピッタリすき間もなくひっついていると、
内ももが締まってないというか、脚がボテっと太く見えてしまいます…(涙)

 

モデルさんや芸能人など脚が細い人には、
必ずと言っていいほど内ももにすき間がありますよね。

 

内ももを痩せるには、内転筋を鍛えるのがポイント!

 

内転筋とは太ももの内側にある筋肉で、
骨盤と脚の骨をつないでいる筋肉です。

 

内ももがタプタプしているのは、内転筋が弱っているから。

 

内転筋を鍛えることで内ももが引き締まり。
内ももにすき間もできてきます。

 

また、内転筋が鍛えられると、
骨盤がしっかり支えられます。

 

そのため、骨盤の中の内臓の位置が整って、
ぽっこりお腹も解消する嬉しい効果があるんです♪

 

まずは、内ももを鍛えるエクササイズやストレッチを
ご紹介します。

 

また、太ももがタプタプしているのは、
むくみやリンパの流れが悪くなっているかも。

 

太もものマッサージで日々のむくみを解消しましょう!

 

 

内ももにすき間がない人の特徴

内ももにすき間がない人の特徴

 

実は、内ももにすき間が無い人には、
いくつかの傾向があります。

 

内ももにお肉が付きやすいタイプとして、

  • ひざが内側に入っている人
  • 内またで歩く人

があげられます。

 

全体的にそんなに太って見えないのに、
太ももや内ももだけタプタプしているなら、
筋肉だけでなく、足のクセが関係しているかもしれません。

 

■ひざが内側に入っている人。

 

ひざが内側に入っている

 

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、
まっすぐ立った時にひざ頭が内側を向いている人です。

 

ひざが内側を向いていると内ももの筋肉がこわばって使えなくなってしまう上、
外ももの筋肉が伸びきってしまうんですね。

 

内ももの筋肉も外ももの筋肉も、どちらも活かせない状態になってしまって
内ももも外もももたるんでしまう、ということが起こるんです。

 

こういうタイプの人は開脚運動を中心とした、
股関節のストレッチを念入りにしましょう。

 

内ももやひざ周りの筋肉のこわばりを取っていきます。

 

ストレッチで関節や筋肉の付き方を変えながら、
内ももの筋肉を鍛えるエクササイズをすると効果的です!

 

⇒ひざの向きを変えるストレッチ

 

■内股で歩く人も要注意!

 

内またで歩く人

 

内股の場合は歩くときの力が外側にかかるので、
ももの外側に筋肉が付きやすいです。

 

太ももの外側に筋肉がつくことで、外側の筋肉ばかりを使って
内側の筋肉が少なくなりやすいのです。

 

その結果、内もものすき間が無くなって、
ぷよぷよになってしまいます。

 

ひざが内側に向いている人や内股の人以外でも、
次に心当たりがある方は要チェックです!

 

  • 普段、座っているとひざが開いてしまう
  • くつの外側が減っている
  • 長時間、同じ姿勢でいる(仕事中など)

 

こういうタイプの人は内ももの筋肉がたるんで衰えている可能性大。

 

すき間を作るエクササイズを取り入れていきましょう。

 

内転筋を鍛えるエクササイズ

内もも痩せには内転筋を鍛えるのが◎

 

内もも細くするには、直接内ももに働きかけることが大切です!

 

「食事制限ダイエットして細くなった気がするけど、脚は痩せてないなぁ」
と思ったことはありませんか?

 

食事制限に頼るダイエットでは、下半身よりも上半身が痩せて見えて、
余計にアンバランスな体型になりがちです。

 

筋肉が引き締まっていないと、内ももがボテっとした印象に。

 

お肉をつかんでゆすったら、
タプタプゆれてしまうなら筋肉不足です><

 

また、太ももに脂肪や老廃物がたまって
セルライトが出来ていると、太ももが細くなりません。

 

太ももを触って冷たいと感じるようなら要注意!

 

血行が悪くなって、体温が届かなくなっているか、
脂肪で冷たくなっている可能性大です。

 

エクササイズやマッサージで、滞っている脂肪やリンパの流れを良くして、
太ももの新陳代謝を上げていきましょう!

 

■ワイドスクワット

 

内ももの筋肉を鍛えるには、ワイドスクワットが効果的です。

 

  1. 両足を肩幅よりも広く開いて立ちます。 

    つま先を少し外側に向けます。 
    (つま先とかかとの角度が45度くらいに) 
    脚は広く開くほど内ももの筋肉に効きます。

  2.  

    ワイドスクワット

  3. 手は腰に当てて、ゆっくりと腰を下ろしていきます。 

    胸を張って上体を起こしたまま、
    太ももが床と平行になるくらいまでしっかりおろします。 
    ひざが内側に入らないよう、ひざをつま先と同じ方向に向けます。

  4.  

  5. 腰を下ろして1秒ほどキープし、元の姿勢に戻します。 

    内ももに力が入っていることを意識して行いましょう。

 

■内ももの筋肉(内転筋)を鍛えるエクササイズ【足パカ・仰向け】

 

足パカは寝そべった状態で脚を開いたり閉じたりする運動。

 

横向きに開くか、仰向けに開くかでやり方が違いますが、
どちらも内転筋を鍛えることが出来ます。

 

    足パカエクササイズ

  1. 床に仰向けに寝そべって、両足を垂直に上にあげます。
  2.  

    足パカエクササイズ

  3. .両足を閉じた状態から45度くらい開きます。

    息を止めないように。

  4.  

  5. .脚を開いた状態で1〜2秒キープして閉じます。

    この開閉を10〜40回行います。

 

■内ももの筋肉(内転筋)を鍛えるエクササイズ【足パカ・横】

 

    足パカエクササイズ

  1. 横向きに寝て、上側の脚を倒した側にひざを90度に曲げて、

    ひざを床につけます。

  2.  

    足パカエクササイズ

  3. .上の足を床につけたまま、下側の脚をしっかり上に持ちあげます。
  4.  

  5. .上の脚を上げた状態で5秒ほどキープします。

    この上げ下ろしを10〜40回行いましょう

 

下側の足の内ももの筋肉がプルプルして、
力が入っているのを感じると思いますので、内ももが疲れているならOKです。

 

こうしたエクササイズを取り入れていくと内ももが鍛えられて、
太ももが締まってきます。

 

今まで外側に付き過ぎていた筋肉を、内側に筋肉をつけることで、
バランスの良い太ももになれますよ。

 

ひざの向きを変えるストレッチ

 

ひざが内向きになっていると、内ももの筋肉をあまり使わないので、
太ももが太くなりがちです。

 

また、反り腰になりやすいので、
お腹ぽっこりになる危険も><

 

外向きにひざを曲げ伸ばしすることで、
内向きのひざを正しい位置に戻して、
まっすぐな脚にするストレッチです。

 

【内向きのひざを正しい位置に戻すストレッチ】

  1. かかとを閉じて、つま先を開き、まっすぐに立ちます。
  2.  

  3. 息を吸ってひざを開きながら、ひざを曲げます。

    両ひざは外側を向けて、つま先の延長線上にくるようにします。

  4.  

  5. 息を吐いてひざを外側に向けたまま、ひざを元の位置に戻します。

     

    この時、お尻を締めるようにして硬くなっていればOKです。
    10回を1セットにして3セット行います。

 

内転筋を引き締める座り方

内ももや内転筋を鍛える座り方

 

内転筋を引き締めるには、ひざを閉じて座るだけ!

 

でも気が付くと、電車やオフィスでひざが開いてしまってた・・・
ってこと多いんじゃないでしょうか(汗)

 

座りながら内転筋を鍛えるには、
イスに座るときにひざに物を挟むとトレーニングになります。

 

例えば、机に座って本を読んだりコーヒーを飲んだりしているときなど、
ひざの間に水の入ったペットボトルなどを挟んだり。

 

挟んだ両ひざで、ペットボトルを押すと
エクササイズになります。

 

私もやってみていますが、長時間挟み続けようと思うと、
かなり内ももが疲れます><

 

それだけ、内ももの筋肉に効いているってことですね。

 

また、ペットボトルでなくてもクッションでもOKです。

 

厚みのあるクッションをひざの間に挟んで両ひざで押しあいます。

 

押しているときに内ももを触ってみたとき、
内ももの筋肉が硬くなって、筋肉が鍛えられているのを感じられたらOKです^^

 

内ももを細くするマッサージ

 

内ももを細くするには、内ももだけでなく、
太もも全体を中心に足先からマッサージしていくのがベスト。

 

マッサージの前に足を開脚してストレッチを行っておくと◎

 

脚の筋肉を伸ばして、血行を良くしてから行うと、
マッサージ効果が高まります^^

 

■内ももを細くするマッサージ

  1. 足を伸ばして床に座って、両手で握りこぶしを作ります。

    第二関節を使って、ひざ上からそけい部にかけて下から上に強めにマッサージします。
    太もものお肉が柔らかく、温かくなるまで念入りに行います。

  2.  

  3. 次に両手で絞り込んでいきます。

    ぞうきんを絞るイメージで。

  4.  

  5. 最後はお肉をつまんでいきます。

    少し痛みを感じるくらいの強さで、リズミカルにつかむのがポイントです。

 

内もも痩せにおすすめのエステ

 

エクササイズをしたり、マッサージをしたりしても
なかなか細くならないなら、プロに頼る方法もあります。

 

エステでは太もも痩せに特化したEMSマシンで、
エクササイズでは鍛えにくいインナーマッスルを鍛えられるのが良いところ。

 

特にスリムビューティーハウスは、EMSマシンで
インナーマッスルの筋トレができるので楽チン^^

 

身体を芯から温めて、体内の巡りを良くすることができるので
脂肪が燃焼しやすい身体に体質改善できます。

 

それに内もも痩せに特化したコースは、
内ももを引き締めて、太ももの脂肪を落としてくれます。

 

太ももを集中して細くしてくれるコースがあるのがイイですね^^

 

私もスリムのハンドマッサージを体験しました。

 

マッサージの技術が高くて、
これでもかというくらい太ももを揉みほぐされます。

 

ちょっと痛いくらい全力でやってくれたのもあって、
1回で太ももが-2.6cmも細くなったのでビックリしましたよ!

 

こんなにしっかりマッサージしてくれるので、
手技で細くするのかと思ったら、メインはEMSの脚やせマシンだそうです。

 

施術後はぴったりひっついていた内ももに少しすき間ができました♪

 

太もももすっきり引き締まった感じだったので、
これは続けたらもっと細くなりそうだなーと思いましたよ。

 

⇒管理人がスリムビューティハウスを体験しました!

 

骨盤ダイエット脚やせコース

 

⇒太ももを細くする方法まとめ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

よく読まれている人気記事

管理人リリコが選んだイチオシ!

管理人リリコから伝えたい事

なぜ脚が太くなるのか?

痩せたいパーツ

脚太りのタイプ

脚の悩み

エステサロン

脚やせ技術・マシン

脚やせ方法・アイテム

パナソニック美容家電

脚やせエクササイズ・運動

脚やせマッサージ

脚やせストレッチ

理想の美脚とは

美脚スキンケア

美脚ファッション

ダイエット