トップへ戻る

お尻 小さく 方法

太もも痩せ 筋肉太り セルライト むくみ 骨盤矯正

お尻を小さくする方法 チュニックで体型カバーしないヒップに

このエントリーをはてなブックマークに追加   

最近、選ぶ洋服がチュニックばかりになってるなぁ…
ということありませんか?

 

おなか回りやお尻の大きさが気になったとき、
チュニックは体型カバーに便利なのでついつい選びがち。

 

そもそも、チュニックは主婦の定番アイテムになりすぎて、
着こなしによってはオバサンっぽさえ漂うアイテムになることも(!)

 

とはいえ、流行りのウエストにインする着こなしも、
腰やお尻が大きいと、存在感が出過ぎてチャレンジしづらいスタイルです…

 

できればどんなスタイルでも似合って、
体型カバーを気にせず洋服を選びたいですよね。

 

そんな洋服の着こなしを左右するのがヒップライン。

 

小さくて形の良いお尻は大臀筋や中臀筋がほどよく発達していて、
お尻の下にたるみがなくキュッと引きあがっているもの。

 

大転子も張り出していないヒップが理想的です。

 

しかし、骨盤や股関節にゆがみがあると、でっ尻になったり
お尻が広がってしまったりと、ヒップの形に大きく影響を与えます。

 

また、大臀筋が発達していないと、お尻は左右に広がって垂れたまま。

 

お腹もぽっこりしてきて、太ももの外側に脂肪がつきやすくなってきます。

 

普段、家事や仕事に追われてエクササイズする時間がとれないと
体のラインが崩れてきて、お尻が左右に広がって垂れてしまいがち。

 

まずはゆがみを解消することが大切です。

 

お尻を小さくするには、うつぶせになって骨盤や股関節、脚などを動かす
エクササイズが効果的。

 

ゆがみを正しつつ、たるみやすいお尻の筋肉を鍛えるエクササイズで、
キュッと上がった丸みのあるヒップを目指しましょう!

 

【お尻を小さくするエクササイズ】

 

1.うつぶせに寝て、両足のかかとをそろえます。

 両手は顔の前におきます

 

2.かかとをおしりに引きつけます。

 左ひざを曲げて、かかとをお尻に引きつけます。
 このとき、左の足首はしっかりと曲げます。
 これを10回繰り返します。

 

3.ひざを引き上げます。

 かかとをおしりに引きつけながら、左ひざを上に引き上げます。
 下腹部に力を入れて、ひざはまっすぐ上に上げましょう。
 これを10回繰り返します。

 

4.ひざを曲げて、かかとを左右に振ります。

 左ひざを曲げたまま、左のかかとを左に振ります。

 

5.今度は左のかかとを右に振ります。

 4と5を繰り返して、左右に10回振りましょう。

 

6.次は左ひざを曲げて、左足を反対側の床に近づけるようひねります。}

 ゆっくりを息を吐きながら行います。

 

1〜6を左右それぞれ同様に行いましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている人気記事

管理人リリコが選んだイチオシ!

管理人リリコから伝えたい事

なぜ脚が太くなるのか?

痩せたいパーツ

脚太りのタイプ

脚の悩み

エステサロン

脚やせ技術・マシン

脚やせ方法・アイテム

パナソニック美容家電

脚やせエクササイズ・運動

脚やせマッサージ

脚やせストレッチ

理想の美脚とは

美脚スキンケア

美脚ファッション

ダイエット