トップへ戻る

冷え性 肩こり

太もも痩せ 筋肉太り セルライト むくみ 骨盤矯正

冷え症で肩こりがつらい 肩甲骨ストレッチと温めグッズが◎

このエントリーをはてなブックマークに追加   

冷え性からくる肩こりに悩まされていませんか?

 

1日中、座りっぱなしの仕事をしていると、体を動かさないので熱が作り出せないので、
体も冷えがちになります。

 

そのうえ、同じ姿勢でじっとして集中して作業しているので、
気がつけば肩がガチガチに凝ってしまいますよね。

 

しかも冬場は寒いので3枚も4枚も着こんでしまいがち。
最近はウォームビズで暖房も低めに設定していると、
なかなか体が温まらないですよね。

 

その上、10キロ近くもある頭を細い首で支えているので、
女性は特に肩こりになりやすいです。

 

そうして同じ姿勢で首を支えていると、
首も張ってきて肩こりにつながります。

 

その首を支えているのは僧帽筋という筋肉。

 

首から肩にかけて広がっている筋肉ですが、
不自然な姿勢がつづくと、筋肉が歪んでとたんに血流が滞り、
肩こりや首の張りの原因となってきます。

 

こうしたつらい肩こりは、僧帽筋のところにある
肩甲骨を開く動きをすると改善されます。

 

自宅やオフィスで次のようなストレッチをやってみてください。

 

 

【肩こりストレッチ(自宅用)】

 

1.仰向けに寝ます。

 

2.両手を腰の位置に揃えます。

 

3.両手をゆっくり上げていき、手先が天井に向いたら、
今度は床につくまで左右に広げていきます。

 

4.そしてまた逆の動きで元に戻していきます。

 

一連の動きは8秒ぐらいかけてゆっくり行ってください。
この動作を5〜6回くりかえします。

 

【肩こりストレッチ(オフィス用)】

 

1.両手を目の前で拝むように合わせて両ひじをひっつけます。
 このとき、ひじを肩の高さまで上げます。

 

2.そこから両手を左右に水平に広げます。
 ひじは上向きに90度の直角に曲がった状態で、このとき胸を張りましょう。

 

3.両手を上げて、両腕を耳にひっつけるように伸ばします。

 

4.そしてまた逆の動きで元に戻していきます。

 

この一連の動きもしっかり伸びている筋肉を意識しながら
ゆっくり行いましょう。

 

こうして両腕を上げたり下げたり、開いたり閉じたりすることで
肩甲骨が開いて筋肉が伸び縮みします。

 

その結果、肩周りの血流が効率よく良くなるのでおすすめの動きです。

 

また、運動以外にも肩を温める商品もいくつかあります。

 

肩まわりのインナーに貼るカイロや蒸気で温熱するシートなどもあります。

 

こうしたシートなら目立ちにくいので、仕事中にもこっそり使えますね^^

 

また、自宅でのケアとしては、あずき入りの袋を電子レンジで温めて肩に置くグッズや
寝るときの首・肩周りを温める首巻きのようなグッズもあります。

 

自宅で肩が凝ってきたなと思ったら、電子レンジで手軽に使えるグッズなので
コスパもいいし便利ですよね。

 

冷えからくる肩こりには、温めたり筋肉を動かして血行を良くして、
冷えを解消しましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている人気記事

管理人リリコが選んだイチオシ!

管理人リリコから伝えたい事

なぜ脚が太くなるのか?

痩せたいパーツ

脚太りのタイプ

脚の悩み

エステサロン

脚やせ技術・マシン

脚やせ方法・アイテム

パナソニック美容家電

脚やせエクササイズ・運動

脚やせマッサージ

脚やせストレッチ

理想の美脚とは

美脚スキンケア

美脚ファッション

ダイエット