トップへ戻る

O脚 矯正 ストレッチ

太もも痩せ 筋肉太り セルライト むくみ 骨盤矯正

O脚矯正ストレッチ 両ひざの間が4cm開いてひっつかない人へ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

立った時に両ひざが開いてひっつかないと、
ガニ股みたいに見えて気になっていませんか?

 

少しくらいのO脚なら、整体に通うほどでもない気がして、
気になりながらも、放置しがちになるものです。

 

でも、このまま放置しておくともっとO脚が進んで、
ひざのすき間があいてしまうのでは・・・と心配になることも。

 

でも両ひざが指2本分くらいあいているくらいなら、O脚でもまだひどい方ではないので、
自宅でできる整体のストレッチを行えば、十分矯正できます。

 

少し根気がいりますが、自力のO脚整体だけでなく、
普段からひざを閉じて座ったり、意識して足を閉じるようにするだけでも変わってきます。

 

だいたい、最近のパンツはスキニータイプやスリムタイプが多くて、
脚のラインがピタっと出るものが主流で、脚の形をごまかせないのがツラいところ。

 

ワイドパンツなら隠せるものの、スリムなパンツも多いので、
足のラインがきれいに見えるようになりたいですよね。

 

そもそもO脚は、脚の骨の問題だけでなく、
骨盤のゆがみも多少なりとも関係してきているものです。

 

一般的に骨盤のゆがみは良くないと言われていますが、
実は誰でも多少は骨盤にゆがみがあるものです。

 

むしろ骨盤はゆがむものだから、毎日少しづつリセットするために
骨盤矯正のストレッチを行うのがベストです。

 

O脚矯正のエクササイズの前に、まずは基本の骨盤調整を行っておきましょう。

 

 

【基本の骨盤調整】

 

  1. まず椅子に浅く腰をかけて、片ひざを両腕でできるだけ胸に引き寄せます。

    そのままひざを回します。

  2.  

  3. そのとき、股関節や骨盤に効くように大きく動かすようにするのがポイント。

    左右1セットとして10回行いましょう。

  4.  

  5. またもう一つのエクササイズは、もう少し足を上げて行います。
  6.  

  7. 椅子に浅く腰かけて、すねが体と平行になるようにひざを引き寄せます。
  8.  

  9. そのままひざをつま先のほうへ向けてスライドし、10秒キープします。

    これを左右1セットで3回行いましょう。

 

【O脚矯正エクササイズ】

 

  1. 1.準備のストレッチ

     

    ひざを合わせて座り、なるべく両脚のすねが一直線になるよう足を開く。
    ひざが90度になるように開きます。

     

    難しい場合は、こまめにこのストレッチを取り入れて、
    なるべく足が広がるように慣らしていくとよいです。
    この状態を30秒ほどキープします。

  2.  

  3. 2.自力整体で脚をまっすぐにします。

     

    ひざにクッションを挟んで、腰を落として5秒キープします。

     

    クッションをつぶすような感覚で、なるべくひざに力を入れるようにします。
    10回を1セットで3セット行います。

  4.  

  5. 3.脚の内側に力を入れる

     

    つま先をやや開き、足を揃えて姿勢よく立ちます。

     

    そのまま右ひざは左ひざに、左ひざは右ひざに向けて力を入れて10秒キープします。

 

シンプルで簡単なエクササイズですが、こまめに行うと効果がありますよ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

よく読まれている人気記事

管理人リリコが選んだイチオシ!

管理人リリコから伝えたい事

なぜ脚が太くなるのか?

痩せたいパーツ

脚太りのタイプ

脚の悩み

エステサロン

脚やせ技術・マシン

脚やせ方法・アイテム

パナソニック美容家電

脚やせエクササイズ・運動

脚やせマッサージ

脚やせストレッチ

理想の美脚とは

美脚スキンケア

美脚ファッション

ダイエット