トップへ戻る

むくみ 原因 水分不足

太もも痩せ 筋肉太り セルライト むくみ 骨盤矯正

むくみの原因は水分不足?|腎臓機能のためにも水分は必要です

このエントリーをはてなブックマークに追加   

水分を控えているのに、脚がむくみが引かないのはなぜでしょう?

 

むくみは水分だから、水分が多くなって起こる症状のはずです。

 

そんなに水を摂っているわけではないのに、
なぜ水分を溜めこんだようにむくむのか不思議ですよね。

 

実はむくみは水分を摂る量が少なくても起こります。

 

人の体は体重の60%が水分で、その水分の2/3が細胞内に、
1/3が細胞外にあります。

 

細胞外には血管や細胞の間(細胞間質)も含みます。

 

むくみはこの細胞間質の水分が増加した状態なので、
水分を多く摂りすぎるとむくみやすくなります。

 

ですが、健康な人なら多すぎた水分は尿となって排出され、
調整されるので問題はありません。

 

私たちのからだの中の水分は、ここに何%、あそこに何%…というように
一定のルールによって決まっています。

 

ルール通りの水分分布になっているとバランスがとれているので、
むくみは起こりません。

 

このバランスが崩れるとむくみがおこります。

 

毛細血管の壁には非常に小さな穴が開いていて、
ここから常に水分を出し入れ出来るようになっています。

 

この細胞間の間質液は酸素や栄養素を運ぶ一方、
炭酸ガスを老廃物から受け取って、
毛細血管に戻す役割があります。

 

この時の間質液は常に15%と決まって維持されています。

 

染み出る水分と、再吸収する水分とのバランスが取れていれば
むくまずにすみます。

 

ですが、染み出る水分が多過ぎたり、
再吸収がうまくいかないとむくみになってしまうのです。

 

染み出る水分が異常に増えてしまうのは、
肝臓や腎臓の病気が原因のこともあります。

 

また、血液中のたんぱく質が少なくなった時や、
虫さされやアレルギーで血管から水分が出過ぎる状態のときも、
水分が増えます。

 

あるいは、血管への水分の再吸収が悪くなる原因は、
静脈の流れが悪くなることです。

 

心不全や下肢静脈瘤などがあると静脈の流れが悪くなるので、
むくみが起こります。

 

長時間の立ち仕事や座り仕事でおこるむくみも、
再吸収が悪くなって起こります。

 

足の筋肉を使わないと、静脈の流れが悪くなるので、
毛細血管で水分の再吸収が少なくなってしまうからです。

 

夕方になると靴下の跡がくっくりとついたり、夕方に靴がきつくなったりしても
翌朝にはまた元に戻るようなむくみは誰でもおこりますよね。

 

これは一時的に足に溜まった水分が、
眠ることで調整されて元に戻るので病気ではありません。

 

ところが体がいくら頑張っても対応能力を上回ると、
余分な水分は皮下にたまったままになってしまいます。
これが酷くなると病的なむくみで「浮腫(ふしゅ)」と呼ばれます。

 

全身性の浮腫だと3リットル以上も、
間質液が増えた状態になっています。

 

ただ、余分な水分はむくみの元だと言って、
水分を控えるのもよくありません。

 

水分が少ないと、脱水状態になって、
腎臓の機能が悪くなってしまいます。

 

1日1リットル〜1.5リットルくらいを水分として取るのが望ましいです。

 

このとき、ジュースやスポーツドリンクのように糖質が多いものや、
お茶やコーヒーのようにカフェインが多いものより、
なるべく「水」が良いです。

 

水は糖分も塩分もないので、
体内の間質液の濃度にも影響を与えにくいです。

 

水はあまり飲めないということであれば、
糖分が少なくて、味の薄いのみものを摂るようにしましょう。

 

水分を多く摂ったとしても、水分摂取量に応じて
自然に尿として排出されるので、安心してくださいね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている人気記事

管理人リリコが選んだイチオシ!

管理人リリコから伝えたい事

なぜ脚が太くなるのか?

痩せたいパーツ

脚太りのタイプ

脚の悩み

エステサロン

脚やせ技術・マシン

脚やせ方法・アイテム

パナソニック美容家電

脚やせエクササイズ・運動

脚やせマッサージ

脚やせストレッチ

理想の美脚とは

美脚スキンケア

美脚ファッション

ダイエット