トップへ戻る

冷え性 服

太もも痩せ 筋肉太り セルライト むくみ 骨盤矯正

冷え性を改善する服 天然素材で頭寒足熱を心がけて

このエントリーをはてなブックマークに追加   

手足が冷えて寒いからと言って、
上着やインナーを着込み過ぎてはいませんか?

 

足は一番冷えがきやすいので温めるべきですが、
上半身は極力薄着で過ごすほうが、根本的な冷えには効果的です。

 

昔から「頭寒足熱」という言葉がありますが、
非常に理に適っていて、冷えを防ぎ健康に過ごす知恵だと言えます。

 

エアコンで温めても、熱気は上に溜まるので、
頭や上半身だけ暑くてボーっとするのに、体は冷えている・・・
ということはありませんか?

 

これは頭が暑すぎているのに、足元は温まっていないため
このようなことが起こります。

 

逆にこたつのように、足元だけ温めて頭は出た状態だと、
頭は寒いのでシャキっと思考もクリアになりながら、
足元はしっかり冷えを防ぐことが出来るのです。

 

頭寒足熱といっても、「頭寒」は上半身や腕などを含みます。

 

普段は頭を覆うことは少ないと思いますが、
冬でも手首や腕などは、あまり着込まず
涼しくしておくのがベストです。

 

できれば長袖ではなく、五分袖や七分袖で
袖口が開いて風通しのよいものの方がおすすめです。

 

一見寒そうに感じますが、足先や下半身をしっかり温めていれば
意外と寒くないことに気づくと思います。

 

まるで半身浴のような感じをイメージしてみるといいかもしれません。

 

その代わり、下半身、特に足先はしっかり保温します。

 

靴下もできれば4枚以上履くのが望ましいです。

 

薄手のもので良いので、シルクや綿、毛などの天然素材の靴下を
4枚以上重ねます。

 

少なくとも一番内側の肌に触れる靴下は、シルク、綿、毛、麻などの
天然素材のものにしましょう。

 

靴下だけでなく、レギンスやレッグウォーマーも取り入れましょう。

 

レギンスも重ね履きできれば重ねるほうがベストです。
足首からひざにかけては、レッグウォーマーでカバーしましょう。

 

レギンスやレッグウォーマーも天然素材がベストです。

 

なぜシルクや綿、毛、麻などの天然素材が良いかというと、
汗をかいても適度な湿度を保てるからです。

 

ナイロンやポリエステルなど、化繊素材は丈夫で安いので
手に入りやすいのですが、汗をかくと汗が冷えて、
その汗で体を冷やしてしまいがちです。

 

天然素材のものは、汗をかいても体を冷やすような冷え方をしません。

 

また、天然素材の衣服は、体が暑くなっても適度に汗を放出して、
熱を逃がしたり留めたりできるので、化繊よりも体温が保たれやすいのです。

 

靴下や衣服は重ね履きできますが、
ストッキングをはきたいときもありますよね。

 

仕事ではいつもストッキングをはかなければならないと、
冷え対策がしづらいところです。

 

ストッキングのときはフットカバーやフィンガーソックスを
組み合わせることが出来れば、少しでも保温効果が高まります。

 

シルク製のフットカバーやフィンガーソックスならば、履いていても
汗でベトベトせず、足の裏もさらっとしているので快適に過ごせます。

 

ただ、靴を脱ぐことが多いお仕事だとちょっと難しいと思うので、
そういう場合はストッキングをシルク入りにすると違います。

 

化繊にシルクが巻き付けられた糸で編んであるストッキングだと、
お値段も高めですが、化繊だけよりも保温力が上がります。

 

何よりも足元の保温が冷え対策には大切なので、
少しでも暖かくなるように工夫してみてくださいね。

よく読まれている人気記事

管理人リリコが選んだイチオシ!

管理人リリコから伝えたい事

なぜ脚が太くなるのか?

痩せたいパーツ

脚太りのタイプ

脚の悩み

エステサロン

脚やせ技術・マシン

脚やせ方法・アイテム

パナソニック美容家電

脚やせエクササイズ・運動

脚やせマッサージ

脚やせストレッチ

理想の美脚とは

美脚スキンケア

美脚ファッション

ダイエット