トップへ戻る

脚やせ マッサージ

太もも痩せ 筋肉太り セルライト むくみ 骨盤矯正

脚やせマッサージの方法 リンパの巡りが悪いむくみ足に効果的

このエントリーをはてなブックマークに追加   

脚やせするのに、マッサージで痩せるのだろうか?
と気になっていませんか?

 

脚が太くなってしまった原因は、人によってさまざまあります。

 

例えば、脂肪が付きすぎたり、筋肉が太くなったり、
骨格のゆがみで太く見えたり、と様々な原因がありますが、
どのタイプにも共通しているのはリンパの巡りが悪くなっていることです。

 

脚だけ太い、お腹だけ太いといったバランスの悪い体形になっているのは
本来の自分の体型と言えるかというと疑問です。

 

1か所だけが太い場合は、バランスが崩れてそうなっているだけ。

 

上半身にくらべて脚だけが太いと感じるようなら、
リンパの流れが滞っていることが1つの原因かもしれません。

 

リンパの流れをスムーズにするリンパマッサージを受ければ、
気になる下半身太りも解消していくでしょう。

 

 

ただ、下半身を細くしたいからと言って、脚のマッサージだけでは不十分です。

 

結局、また別の場所でリンパが滞って、
今度は違う場所が太くなってしまいます。

 

全身のリンパの流れは、最終的に首の根本にある
太いリンパ管へ流れ込みます。

 

そのため、脚のマッサージをしても、鎖骨のリンパを流しておかないと、
老廃物が外に排出されづらい状態なのです。

 

ですから、脚やせするには、脚はもちろんのこと、
全身のリンパの流れを改善するリンパマッサージが必要なのですね。

 

突然ですが、あなたの鎖骨はきれいに見えていますか?

 

鎖骨の上がくぼんでいるのが理想的な状態ですが、
くぼむどころか盛り上がっているようならば、巡りが悪くなっています。

 

痩せている、太っているに関係なく、
鎖骨はくぼんでいるのが正常な状態。

 

首回りは太りにくいところなので、体脂肪率が35%くらいにならない限り、
脂肪がつくような場所ではありません。

 

鎖骨が見えない人は、太っているから首が太いのではなくて、
老廃物が滞っていて首が太くなっているのです。

 

痩せたいからといって食事制限したり、運動を頑張っていたとしても、
リンパの巡りが滞っていたとしたら、ムダな努力になっているかも。

 

リンパの巡りをよくすることで、脚やせだけでなく、
全身スッキリした体型になれるはずです。

 

ダイエットというと、数か月間は好きな食べ物を我慢したり、
有酸素運動を20分以上行うなど、つらくてキツイ努力が必要・・・
というイメージがあるかもしれません。

 

それで体重が落ちたとしても、次はリバウンドとの闘いが待っています。

 

これでは、痩せる⇒太るの繰り返しで、
ますます太りやすい体になってしまいます。

 

しかしリンパマッサージであれば、食事制限もなkれば、
激しい運動もありません。

 

しかも、とても気持ちが良いので、毎日行うのが楽しみになってきて、
途中で挫折することも少ないです。

 

お風呂の中や、お風呂上りの時間に少し行うだけで良いので、
仕事が忙しい人でも無理なく手軽に行えるのが良いですね。

 

なんといっても即効性が高いのが魅力です。

 

本気で取り組めば、2週間で平均2〜3キロ痩せることも可能です。

 

リンパの流れがよくなることで代謝がアップし、
不要なものが汗や尿、便などになって体外に排出されるため
自然に体重が落ちていくのです。

 

そして、全身のむくみが取れるので、
足首や太もももスッキリとした美脚に♪

 

便秘も解消して、ぼっこり下腹やウエストもサイズダウンします。

 

このように、リンパマッサージは
全身でバランスの良い体形になっていくのでお勧めです。

 

 

では、リンパマッサージはどのように行うのでしょうか?

 

リンパマッサージはたださすればよいというわけではなくて、
症状や触る部位に合わせて、手の使い方や強さを
組み合わせながらマッサージを行います。

 

マッサージ法を使い分けるとさらに大きな効果が期待できるので、
まず基本のマッサージを覚えましょう。

 

マッサージの基本は、
1.さする
2.もむ
3.おす
4.たたく

 

この4種類です。

 

本来のリンパマッサージには30種類以上の基本テクニックがありますが、
簡単なものから少しづつ試していきましょう。

 

どの技法も直接皮膚を触って行うほうが効果的です。

 

なるべく、自分にあった自然派のボディオイルやジェルなどを付けて
直接肌に振れながらマッサージを行うのがおすすめです。

 

ちなみに服の上から行うのが「あんま」です。
リンパマッサージは直接肌に触れるのが基本です。

 

また、リンパマッサージを行うときは、
リンパ節の方向に、からだの末端から心臓に向かって
手を動かしていくのがポイントです。

 

リンパの流れと血液循環に合わせて手を動かすことで、
さらに効果を高めることが出来ます。

 

では、実際のリンパマッサージの方法を見ていきましょう。

 

【さする】

 

リンパマッサージで一番多く使われるマッサージ方法です。

 

さすることで皮膚の神経を刺激して、
新陳代謝を促し皮膚の抵抗力を高めます。

 

さすると筋力が強くなると同時に、皮膚の温度や筋肉内の温度が上がるので、
脂肪が燃えやすく、痩せやすい体を作る効果があります。

 

さする方法は大きく分けて4種類です。

 

1.手のひらを使う
脚、腕、腹、背中などの広い部分のマッサージに使います。
肌に手のひら全体をやさしく密着させて、軽くなでさすります。

 

2.親指以外の4本指を使う
親指以外の4本の指の腹をマッサージしたい部分にあて、
軽くなでるようにします。
首や顔など、特に皮膚の柔らかい部分に使います。

 

3.親指の腹を使う
親指をあてて、痛気持ちいいと感じる程度の力でさすります。
経路の刺激や狭い部分をマッサージするときに使います。

 

4.中指と薬指を使う
顔や首回りなど、皮膚が柔らかく狭い部分を
マッサージするときに使います。
二本指をあててやさしくなでるようにさすります。

 

【もむ】

 

筋肉に刺激を与えることで、しなやかで強い筋肉を作ります。

 

また、リンパの流れを促して新陳代謝を活発にし、
皮下脂肪を減らしていくのにも役立ちます。

 

もむ前には「さする」マッサージなどで
筋肉を十分に柔らかくしておくと、よりスムーズに行えます。

 

1.手のひら全体でもむ

 

マッサージする部分を片手か両手で握ります。

 

痛気持ちいいと感じる程度で、手先や足先から
心臓の方向に向かってかきあげるようにもんでいきます。

 

太ももや二の腕、ふくらはぎなど広い部分に使います。

 

【おす】

 

ツボを直接刺激する目的で行う方法です。

 

押す度合いや時間によって、押し続ける「持続圧迫」と
断続的に繰り返す「間けつ圧迫」がありますが、間けつ圧迫をよく使います。

 

1親指の先でおす

 

両手または片手の親指を垂直にツボにあてて、
3〜5秒かけてゆっくり押します。

 

そのまま3〜5秒かけてゆっくり戻します。

 

痛気持ちいいと感じる程度の強さで押すのがコツです。

 

【たたく】

 

たたき方にはいろんなバリエーションがありますが、
ここでは3つの方法を紹介します。

 

連続してリズミカルにたたくことで、血行を促進し
筋力をアップさせて体を引き締める効果も期待できます。

 

1.手のひらを広げてたたく

 

指を伸ばしたまま、指も間を開いた状態で、
その小指側で軽くたたきます。

 

おもに肩、首、腰、脚、腕などを行うときに使います。

 

2.グーにしてたたく

 

両手を軽く握り、左右の手の小指側で交互に
手首のスナップをきかせて軽くたたきます。

 

たたく早さは1秒間に2〜5回を目安に行います。

 

3.へこませた手のひらでたたく

 

指をそろえ、卵を包むようにへこませた手のひらで軽くたたきます。

 

左右交互に気持ち良い程度で軽めにたたくのがコツ。

 

 

基本のたたき方がわかったら、
基本の全身マッサージをマスターしましょう。

 

「脚やせしたいから脚だけでいいや」と思いがちですが、
脚だけマッサージするよりも、まずは全身の流れを良くしたほうが
効果が高いうえに、その成果も長持ちするのでおすすめです。

 

基本の全身マッサージは、どのマッサージを行う前にも
習慣にしておくとよいでしょう。

 

【全身基本マッサージ】

 

1.足の裏を押す

 

足の裏をまんべんなく押します。
硬い、痛い、冷えている部分は念入りに行います。

 

足の甲の指の間も親指を使って押していきます。

 

2.脚を下から上にさする

 

両手のひらでふくらはぎを包み込むようにあて、
足首からひざの裏のリンパ節に向かって、左右交互にさすりあげます。

 

脚の内側も外側も行いましょう。

 

3.背中をさすりおろす

 

左右の手のひらを肩甲骨の下のあたりにぴったり当てます。

 

その位置から腰に向かってさすり下ろします。

 

4.ヒップをなでてさする

 

腰の真ん中あたりから手をおろし、
ヒップラインに沿って円を描くようになでます。

 

5.お腹をさする

 

おへそを中心にして両てのひらで、
時計回りに円を描くようにさすります。

 

 

----------

 

この基本マッサージは、1つの動作を3〜5回づつ、
それぞれ3〜5セットを30分以内を目安に行いましょう。

 

からだが温まっているときに行うのが効果的なので、
お風呂の中やお風呂上りに行うのがおすすめです。

 

入浴後ならボディジェルやオイルをつけて行うと、ジェルやオイルの効果も加わって
滑りもよく、スムーズにマッサージができますよ。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

脚やせマッサージの方法 リンパの巡りが悪いむくみ足に効果的記事一覧

脚が細くなるリンパマッサージ 下半身太りでむくみが気になる

下半身太りでふくらはぎなどのむくみが気になっていませんか?上半身に比べて、お腹やお尻、太ももやふくらはぎなどが太い人には、脚が細くなるリンパマッサージがおすすめです。体の中で太ると一番気になるのが下半身ではないでしょうか?しかも実際、太りやすい場所でもあるのが困ったところ。下半身が太い人は、上半身に...

 

脂肪太りが痩せるマッサージ 甘いものを早食いで大食いする人へ

食べるのが大好きで、気が付いたらテレビを見ながら何か食べている…そんな生活が続くと、お腹周りの脂肪太りが気になり始めていませんか?たくさん食べてるわけじゃなくても、普段の食事が仕事で遅くなって21時、22時は当たり前・・・といった生活も脂肪太りの原因です。脂肪は女性にとってはエネルギーの貯蔵や体温維...

 

ストレス太りが痩せるマッサージ イライラや過食で悩む20代女性

ストレスを溜めすぎると食べることでストレス発散してしまい、ついつい太ってしまった…ということはありませんか?実はストレスがたまると、たまったストレスを発散させようとしますが、その時に手っ取り早く快楽が得られる方法の一つとして、食欲を満たすことがあります。食欲は一番手軽で早く満たしやすい欲求のため、ス...

 

リラクゼーションとエステの違い 体質改善か美容マッサージか

リラクゼーションサロンとエステサロンって似ていますが、何が違うのか気になりませんか?体質改善やマッサージを行う場所としては、リラクゼーションサロンもエステサロンでも行っているイメージがあります。では、いったい何が違うのでしょうか?実はそれぞれに正確な線引きはありません。エステもリラクゼーションも国家...

 

西内まりやは骨気で美脚!コルギマッサージは脚やせにも効果的

あの美脚で人気の西内まりやさんも実践している、「骨気(コルギ)」というマッサージ方法をご存知ですか?今でこそ、ほっそりして憧れの美脚ですが、まりやさんも一時期はちょっとぽっちゃりしてるかも?と言われたときもあったんですよ。その後、スッキリとした美脚で有名になりましたが、美脚の秘密が「骨気」という手技...

 

骨気のやり方 脚やせに効くコルギで下半身太りがスッキリ解消

小顔や脚やせに効果があるとウワサの骨気ですが、骨気のやり方については意外と知らない人も多いのではないでしょうか?骨気は手の骨を脚や顔の骨に当てることで、骨を直接刺激して新陳代謝を高めることで、むくみが解消したり脂肪燃焼したりする手技。「骨を当てる」というと痛そうだったり、手の力が要りそうに感じるかも...

 

よく読まれている人気記事

管理人リリコが選んだイチオシ!

管理人リリコから伝えたい事

なぜ脚が太くなるのか?

痩せたいパーツ

脚太りのタイプ

脚の悩み

エステサロン

脚やせ技術・マシン

脚やせ方法・アイテム

パナソニック美容家電

脚やせエクササイズ・運動

脚やせマッサージ

脚やせストレッチ

理想の美脚とは

美脚スキンケア

美脚ファッション

ダイエット