トップへ戻る

足踏み ウォーキング

太もも痩せ 筋肉太り セルライト むくみ 骨盤矯正

足踏みとウォーキングどちらが痩せる?|有酸素運動に効果あり

このエントリーをはてなブックマークに追加   

足踏みとウォーキングはどちらが痩せる

 

ウォーキングやジョギングは運動量も多いので、
ダイエットのためにやっている人も多いですが、
室内で運動するなら足踏みは効果があるのか気になりますよね。

 

家事が忙しくて、子供が小さいと外出もできないし、
冬に雪が積もる地域だと、外を歩くと転んだりして危ないです。

 

ウォーキングやランニングをしているところを近所の人に見られるのも恥ずかしくて
できれば室内でもできる運動はないかと思われているかもしれません…。

 

その場で足踏みするのもウォーキングと動きが同じなので、
運動量が同じなら足踏みでもいいのでは?と思いますよね。

 

普通の足踏みとウォーキングなら断然、ウォーキングのほうが運動量が多いので
ダイエットにはウォーキングが効果的です。

 

ウォーキングだと脚を蹴り出す時や着地するときに、ふくらはぎや太ももなど
脚全体の筋肉を使っているので、カロリー消費が多いからです。

 

ですが、足踏みもやり方によっては運動量を増やせます。

 

 

ポイントは「ヒザを高く上げる」ことです。

 

水平足踏みとも言われている方法ですが、
まず、立った状態で片脚のひざを直角に曲げて水平に引き上げます。

 

上げたひざを下ろすと同時に、反対のひざを同じように水平に引き上げます。

 

いわゆる「もも上げ」に近い動きで、その場足踏みをリズミカルに行います。

 

おろした方の脚もただボテボテと着地するのではなく、かかとからしっかり着地して、
ひざ裏や脚の裏側を伸ばすことを意識します。

 

軸足がすっとまっすぐ伸びている状態にしましょう。

 

この足踏み運動は普通のウォーキングと違って、
脚の付け根あたりが疲労するのを感じると思います。

 

これは大腰筋や腸腰筋を使うので、インナーマッスルが鍛えられているからです。

 

大腰筋や腸腰筋が衰えてくると骨盤まわりを支えられなくなってくるので、
骨盤が傾いたり、腸の運動が衰えたりするのでぽっこりお腹になってしまうのです。

 

その他にも腰回りにお肉がついたり、お尻が垂れたり…と、
女性にとっては一大事ですね><

 

大腰筋や腸腰筋が鍛えられて、ぽっこりお腹の解消になりますし、
インナーマッスルを鍛えるということは基礎代謝を上げますので、
結果的に痩せやすい体質になっていきます。

 

その場足踏み運動は、長時間やればウォーキングのような有酸素運動になりますが、
筋トレも兼ねた有酸素運動と思って取り組むといいですね。

 

時間的には30分続けるのがおすすめです。

 

下半身に筋肉をつけることは成長ホルモンの分泌も促してくれるので
若返りも期待できますよ!

 

その場足踏みは、初心者の方だとおそらく5分も持たないのではないかと思いますが、
できる範囲の時間でやってみて、徐々に時間を伸ばしていくと良いと思います。

 

足踏みは「痩せる」というよりは
「シェイプアップする」という感じで取り組んでみましょう♪

 

⇒特に太ももを細くしたい

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている人気記事

管理人リリコが選んだイチオシ!

管理人リリコから伝えたい事

なぜ脚が太くなるのか?

痩せたいパーツ

脚太りのタイプ

脚の悩み

エステサロン

脚やせ技術・マシン

脚やせ方法・アイテム

パナソニック美容家電

脚やせエクササイズ・運動

脚やせマッサージ

脚やせストレッチ

理想の美脚とは

美脚スキンケア

美脚ファッション

ダイエット