トップへ戻る

デスクワーク 足 冷える

太もも痩せ 筋肉太り セルライト むくみ 骨盤矯正

デスクワークで足が冷える 腰回りを鍛えて血の巡りを改善

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ずっと机に座っていると、足先が冷えてツライですよね。

 

足先の体温が下がってくると、熱も生み出せなくなってくるので
靴下を重ね履きしてもなかなか暖まらなくて困っていませんか?

 

デスクワークは一日のほとんどの時間を座って過ごすので、
下半身の筋肉を使うことが少なくて、血行も悪くなりがち。

 

足先を動かさないことも血行に悪いのですが、
腰回りの筋肉が衰えていると、血の巡りが悪くなって
冷えの原因になってしまいます。

 

デスクワークでパソコンを使ったり、書類を書いたり読んだりしていると
知らず知らずのうちに前かがみになっていたり、腰が丸まって骨盤が寝た状態になるので
腰の骨や筋肉が歪んできます。

 

腰の骨や筋肉が歪んでいると、さらに姿勢に影響が出てきます。

 

そうしたゆがみによって、筋肉が圧迫されて血の巡りが悪くなり、
冷えの原因となってしまうのです。

 

下半身の冷えを防ぐには、姿勢を良くして座ることがポイント。

 

姿勢を良くすることで腹筋や背筋など、お腹周りの筋肉を使います。

 

筋肉は熱を生み出してくれるので、
筋肉があればあるほど熱を生じやすいのです。

 

冷えの改善というと「温める」ことがメインになりがちですが、
姿勢を良くすることで腰回りの筋肉が鍛えられ、
冷えの解消につながるんですね。

 

 

姿勢を正しくイスに座るのに一番良いのは、
イスに逆向きに座る方法です。

 

人目のあるオフィスでは行いにくいと思いますが、
個室でお仕事している方や自宅にいるときなどに試してみてください。

 

背もたれのあるイスを両足でまたぐようにして座ります。
背もたれはなるべくまっすぐなものが良いですね。

 

そうすると背中のちょうど腰椎のあたりで、
骨盤がしっかり立った状態の「く」の字の状態になると思います。

 

この姿勢が最も正しい姿勢です。

 

普通のオフィスではこのように座ることはできないので、
通常の腰掛け方で姿勢を正しくするのに良い方法もお伝えします。

 

まずは背もたれを使わずに腰かけます。

 

そのとき、膝の内側からイスの端まで、こぶし2個分くらい空けて座ります。
ひざの角度は90度にしましょう。

 

この座り方ならば、背もたれに寄りかからない限り、
背筋はまっすぐに伸びています。

 

正しい姿勢が取りやすくなり、姿勢を整える筋肉も鍛えられるので
冷えにくい体になっていきますよ。

 

しかもこの姿勢は、体のラインをとても美しくしてくれるので
女性にとっては一石二鳥の効果ですね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている人気記事

管理人リリコが選んだイチオシ!

管理人リリコから伝えたい事

なぜ脚が太くなるのか?

痩せたいパーツ

脚太りのタイプ

脚の悩み

エステサロン

脚やせ技術・マシン

脚やせ方法・アイテム

パナソニック美容家電

脚やせエクササイズ・運動

脚やせマッサージ

脚やせストレッチ

理想の美脚とは

美脚スキンケア

美脚ファッション

ダイエット